メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > ユーザー別で探す > 一般・患者の方へ > ウイルス性肝炎に関する検査 > B型肝炎ウイルス検査について

トップページ > カテゴリー別で探す > 病気についての情報 > ウイルス性肝炎に関する検査 > B型肝炎ウイルス検査について

B型肝炎ウイルス検査について

B型肝炎ウイルスに感染しているかどうかを調べる血液検査です。HBs抗原と呼ばれるB型肝炎ウイルスの外側の蛋白質を検出する検査を実施して判定します。

結果判定

HBs抗原が「陰性」の場合

B型肝炎ウイルスに感染していません。今回検査を受けた日を覚えておきましょう。自覚症状などがあれば、再度検査を受けましょう。

HBs抗原が「陽性」の場合

B型肝炎ウイルスに感染しています。医療機関の受診を強く勧めます。一度は専門医を受診しましょう。HBs抗原が陽性となった場合には、医療機関において、現在の感染状態を調べるため、さらに詳しい検査を実施します。

検査項目検査結果
HBs抗原 陽性であればB型肝炎ウイルス(HBV)に感染している。
HBs抗体 陽性であれば過去に感染し、その後、治癒やしたことを示す。HBVワクチンを接種した場合にも陽性となる。
HBc抗体 陽性であればHBVに感染したことを示す。(HBVワクチン接種の場合は陽性にはならない。)
HBc-IgM抗体 最近HBVに感染したことを示す。
HBe抗原 陽性であれば一般にHBVの増殖力が強いことを示す。
HBe抗体 陽性であれば一般にHBVの増殖力が低下していることを示す。
HBV-DNA 血液中のHBVのウイルス量を測定する。