患者さん・肝炎について知りたい方へ

最新情報 最新情報ページへ

「集団生活の場における肝炎ウイルス感染予防」のための手引き・ガイドライン

2014年6月9日

厚生労働省研究班により、「集団生活の場における肝炎ウイルス感染予防」のための手引き・ガイドラインが作成され、このたび東京大学医学部附属病院感染症内科のホームページ上に公表されました。研究代表者(東京大学 四柳 宏先生)の許諾を得ましたので、肝炎情報センターホームページからもご覧いただけるように致しました。さまざまな集団生活の場における留意点が大変分かり易く説明されておりますので、ぜひ一度お目通し下さい。

肝炎情報センター長
正木尚彦

→ B型肝炎の母子感染について―お母さん・赤ちゃんに接するすべての方へ―(PDF)

→ 日常生活の場でウイルス肝炎の伝搬を防止するためのガイドライン(PDF)

→ 保育の場において血液を介して感染する病気を防止するためのガイドライン(PDF)

→ 高齢者施設における肝炎対策のガイドライン(PDF)

(厚生労働省「集団生活の場における肝炎ウイルス感染予防ガイドラインの作成のための研究班(研究代表者:東京大学医学部附属病院感染症内科 四柳 宏)」により作成)