大阪市立大学医学部附属病院(取り組み事例:地域連携事業) | 肝炎情報センター
メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > ユーザー別で探す > 拠点病院関係者の方へ > 支援について > 関係者支援 > 大阪市立大学医学部附属病院(取り組み事例:地域連携事業)

トップページ > カテゴリー別で探す > 拠点病院の取り組み > 支援について > 関係者支援 > 大阪市立大学医学部附属病院(取り組み事例:地域連携事業)

大阪市立大学医学部附属病院(取り組み事例:地域連携事業)

大阪市大・関連病院における 患者・医療従事者に向けた肝炎啓発活動 
市民と医療者を繋ぐプロジェクト

主担当者:榎本大准教授・打田佐和子講師・藤井英樹特任講師・
元山宏行病院講師・河田則文教授(医学研究科)

関係組織・ 協力機関:大阪市立大学医学部附属病院

連携・協力者:大阪府健康医療部地域保健課、大阪府健康医療部地域保健課、
国立国際医療研究センター肝炎情報センター

詳細は下記をご参照下さい。

   http://www.hosp.med.osaka-cu.ac.jp/liver-net/doc/chiikirenkei-2017p36.pdf