大阪医科大学附属病院 (取り組み事例:市民公開講座) | 肝炎情報センター
メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > ユーザー別で探す > 拠点病院関係者の方へ > 啓発について > 市民公開講座の開催 > 大阪医科大学附属病院 (取り組み事例:市民公開講座)

トップページ > カテゴリー別で探す > 拠点病院の取り組み > 啓発について > 市民公開講座の開催 > 大阪医科大学附属病院 (取り組み事例:市民公開講座)

大阪医科大学附属病院 (取り組み事例:市民公開講座)

大阪医科大学附属病院が公開市民セミナーを開催しました。

主催:大阪医科大学附属病院肝疾患相談支援センター
後援:高槻市、高槻市医師会

日時:平成29年9月2日(土曜日)14:00~15:30

場所:大阪医科大学 本部北キャンパス 看護学部講堂

テーマ:「肝細胞がんの最新治療」

プログラム

医 師 :朝井 章 「肝細胞がんの内科的治療について」

医 師 :林 道廣 「肝細胞がんの外科的治療について」

薬剤師 :西村 加奈恵「肝臓がんのお薬について」

看護師 :小谷 香織「肝臓病とうまく付き合うために~日常生活について~」

栄養士 :中村 香緒莉「肝臓病食について」


個別相談コーナー (セミナー終了後)


 

  • ポスター

大阪医科大学ポスター

 

    • 会場の様子①
大阪医科大学2

 

  • 会場の様子②
大阪医科大学3

 

  • 会場の様子③ 
大阪医科大学4

 

    • 会場の様子④
大阪医科大学5